石鹸の製法について

こんにちは。

北海道は大荒れのお天気でしたね。

こちらも強風が吹き荒れていました。気温が高いので湿って重い雪。

まだ時折強風と雪が降っているので天気がおちついたら除雪しようと思います><

 

お知らせです。

札幌市中央区大通にあるsuuさんで商品のお取り扱いをいただけることになりました。

札幌市中央区大通西16丁目3-32大通ハイチ1F

営業時間 11:00~18:00(水曜日定休)

011-633-7577

お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りくださいね。

 

__

今日は石鹸について書こうと思います。

わたしたちのカモミール石鹸とはちみつ石鹸は釜焚塩析法という方法で作っています。

_DSC3086.jpg

石鹸にはコールドプロセス製法と釜焚製法というものがあり、油脂に苛性ソーダを加えて鹸化という化学反応を起こして石鹸をつくるところは一緒です。

コールドプロセス製法は苛性ソーダを加えた時に起こる40℃くらいの熱でゆっくりと鹸化をすすめます。熱で変質しやすい植物油などをベースにしてつくる石鹸に適していると言われていて、じわじわ石鹸になっていくので作ってすぐは使うことができません。1ヶ月くらい乾燥させている間に石鹸になっていきます。

この方法の特徴は副産物として保湿成分のグリセリンができることと、苛性ソーダの量を調整して油脂の全部を鹸化させないで一部を石鹸に残しておくことが出来ます。(保湿効果を高めるため)

釜炊製法はその名のとおり釜で炊いてさらに熱を加え、鹸化を早めてつくります。そのため作ったらそのまますぐ石鹸として使うことができるのですが、私たちの石鹸はこれをさらに石鹸分以外の成分を取り除くために塩析という工程を何回かくりかえして約1週間かけてつくります。

_DSC2896

ベースとなる油脂の成分が生きてくるのがコールドプロセス製法、洗うことに特化したものが釜焚製法なのではないかなと思っています。

わたしたちの石鹸は洗うということに重きを置いて釜焚塩析製法にしました。_DSC3104.jpg

それからすべての商品をつくる上で大事にしていること。「植物の持つ力を出来るかぎりそのまま商品に取り入れてお届けする」それに合ったつくり方がこの方法だと思っています。

この製法でつくると溶けにくいという(ベースの油脂の成分に由来するところもありますが)特徴もあります。グリセリンは水分を引き寄せる性質があるため保湿効果があるわけなのですが、この石鹸はグリセリンを含んでいないので溶けにくいのです。

なかなかなくならない石鹸、私が欲しかったのですが売る側になるとちょっと困りますね笑

それからコールドプロセス製法でも石鹸を作っています。

「いのうえさんちのラズベリー石けん」

DSC05728

滝上町で牧場を営まれている井上牧場さんで大切に育てられた牛さんたちの脂を使って作った石鹸。食べている広大な牧場の草たちの色できれいなオレンジ色をした牛さんの脂。その個性を生かしてコールドプロセス製法で作らせていただいています。

井上牧場さんのおばあちゃんが大事にしてきたラズベリーを練りこんでいて、娘さんの1人がデザインしたかわいいパッケージ。

ステアリン酸を多くふくむ牛脂を使った石鹸は泡立ちが良くてこちらも溶けにくい!のが特徴です。ちょっぴりミルキーな香りがします。

牛さんのお顔のはんこがひとつひとつ押されています。表情も笑顔だったりとぼけてみたり、数パターン。最近のお気に入りはウィンクしてる牛さんです。

滝上の道の駅などで販売されています。行かれる機会がありましたらぜひ手に取ってみていただけたらうれしいです。

それでは。

広告

花弁

こんにちは。

なんだか今年の下川は雪も気温も道内の他の地域とくらべあまり目立ちません。

まだ気温で道内一になってないのではないでしょうか。

ハーブチンキを使った化粧水つくりと、スキンバームのワークショップ、

ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。

どちらの回もたのしい時間を一緒に過ごさせていただくことができてとても嬉しい気持ちで、

帰途につくことができました。

またいつものとおり、お話することに夢中になってしまい…

写真を撮ることを忘れてしまったのですが、HOMESさん

で昨日の様子載せていただきました(^^;

 

梨の花さん、HOMESさん、ありがとうございました。

 

今日は制作に集中する日。

SONY DSC

カレンデュラ・カモミールオイルにはカレンデュラの花びらをいれています。

ひとつひとつ手作業で瓶に入れてゆきます。

カレンデュラの有効成分であるカロテノイドの一種ルテインには、
強力な抗酸化作用があるとされ、
日焼けによる肌トラブルの解消が期待できます。
またフラボノイドの一種であるクエルセチンには、
かぶれや炎症をしずめる効果があるとされます。

あざやかなオレンジ色の花びらは食べることもできるエディブルフラワーです。
開花期間も長くお庭に植えても秋頃まで楽しめますよ。

 

 

どうにもならないこと

こんばんは。

SONY DSC

ブログの更新が滞ってしまったのですが、

秋植えの畑の準備をしていました。越冬させるカモミールたち、

芽を出し始めました。花の香りがするのかな?蝶がいつもいます。

今年は畑の土づくりにとても力を入れていて、いろいろ試行錯誤です。

結果は来年までお預け。

SONY DSC

今年から栽培をはじめたマーシュマロー。薄紅立葵。

花や茎、根っこに粘液質が多く含まれ、肌の保湿剤として多くの化粧品に配合されています。

効能もさることながら、お花が本当に繊細で見ていて癒されます。

SONY DSC

対照的なのはカレンデュラ。

すごく元気になれそうなオレンジ色。花も手のひらの2/3くらい!

SONY DSC

でも雨の日はちょっと違う雰囲気。

SONY DSC

ちょうど、髪どめのような形で咲いていました。

またついつい植物大好きブログになってしまいましたが…

今新しいハーブ・チンキの試作をしていて、

さきほどのマーシュマローもその一つなのですが、

販売するための試験が終わり次第またご紹介させてください。

 

あと、最近気づいたのですがオオイタドリのお花がけっこうきれい!

SONY DSC

畑の横がこのオオイタドリが群生していて、

カレンデュラを収穫している時にふと見たらお花が満開でした。

(畑写真真ん中の白いもやもや)

SONY DSC

アップです。けっこうかわいい。

それからそれから、

SONY DSC

SORRY小屋の方も着々と進んでおります。

小屋もさることながら、庭などもどうしようかとこちらも悩んでおります。

何事も一歩ずつですね。人生はワンツーパンチですね。

では。

ありがとうございます。

こんにちは。

郵便屋さんが来るととても楽しみにしているものがあります。

それは・・・

SONY DSC

お客さまから届いたアンケートのおはがき。

イベント出店の折にお買い求めいただいたお客さまへアンケートはがきをお配りさせていただ

くことがあり、そのお返事のおはがきです。

商品柄、じっくり時間をかけて説明をさせていただくことも多く、

匿名でも、あの時のあのお客様!と思い出させていただくことがとても多くあります。

こうやって直接ご意見をうかがえることが何よりもうれしいです。

本当にありがとうございます。

ひとつひとつのご意見、ご感想を反省と感謝の気持ちで2人でじっくり読んでいます。

もっとより良いものをご提供できるよう、日々取り組んでいきたいと思いますので、

これからもどうぞよろしくお願いします。

本当はおひとりおひとりにお礼の気持ちをお伝えしたいのですが、

またどこかでお会い出来ることを願って。

 

+++

 

SONY DSC

話は変わりますが、最近の楽しみのひとつ、

グーズベリー(西洋スグリ)を畑仕事の合間につまむのが楽しくて仕方ありません。

SONY DSC

近所の子供たちと一緒にたくさん収穫しました。

SONY DSC

クエン酸が豊富なので、今時期にぴったりのベリー。すっぱ甘い。

SONY DSC

余ったものはジャムとタルトにしました。

身近にこういうものがあるということ、こういう生活ができること、

最近しみじみとありがたく感じます。

あとはスモモの食べごろを待つのみです!

定植

こんにちは。

昨日今日はちょっと肌寒いのですが、

20℃を超す陽気が続いたGWの北海道でした。

ようやく冬タイヤから夏タイヤにしました。

SONY DSC

SONY DSC

白樺も葉っぱが出てきました。

SONY DSC

カモミールも定植が終わりました。ほっと一安心です。

明日からはカレンデュラなど他のハーブの植え付けが始まります。

:::

ずっとお世話になっている滝上町の井上牧場さん。

井上牧場さんの広い牧草地でのびのび育った牛たちの牛脂をベースにした、

いのうえさんちのラズベリー石けん を作らせていただいています。

SONY DSC

SONY DSC

特別パッケージ!牛さんや動物の絵がとても優しくて可愛くて、

デザインしたのは井上牧場さんの美人3姉妹の一番下の妹さん。

人柄が絵から伝わってきます。

ちなみに私たちの似顔絵もこの特別パッケージには描かれています。

もったいなくてなかなか使えないでいます笑