階段使ってくれるようになりました

SONY DSC

こんにちは。

スモモの花が咲きだしました。

とってもとってもいい天気の下川町です。

月並みの言葉しか出てきませんが風が木々や葉を揺らす音、

濃いグリーン、明るいグリーン、黄緑、うすい黄緑、

洋服をさぁっと通り抜けていく風など、五感がめいいっぱい喜んでいるのを感じます。

SONY DSC

鶏たち、おかげさまで元気に過ごしています。

SONY DSC

おっ!登った!

SONY DSC

SONY DSC

この時期、森の中には肌に、もちろん体にも良い植物がたくさん育っています。

毎年のことながら、あの極寒(-20℃)の冬を越えて、

こうやって生きている植物たちの姿にはたくさんの力をもらう気がします。

感謝です。

そろそろチクワが卵を産む時間です。

では。

定植

こんにちは。

先日の北から暮らしの工芸祭にお越しいただきましてありがとうございました!

お時間を取っていただき、話を聞いていただいて本当にありがとうございます。

3日間、本当にたくさんの方とお話をすることができました。

お使いいただいて、何かご不明な点などありましたらお気軽にお問い合わせくださいませ!

 

GWはいかがお過ごしでしょうか。

下川町は天気に恵まれ、外仕事日和が続いています。

SONY DSC

カモミールの苗たちも待ったなしまで大きくなりました。

SONY DSC

ミニ耕運機も無事動きました。ほっ。

SONY DSC

エゾエンゴサク。毎年のことながらこの色合いに目を奪われます。

SONY DSC

雪解け水も本当にきれいです。

 

ざわつきます 。

こんにちは。

雪はまだ残っているものの、日中はコートがいらないくらいあたたかくなりました。

毎年のことながら厳しい冬を乗り越えた木たちも、

なんだかほっとしたように見える今日この頃です。

dav

冬の間気配をけしていた植物たちが動き出しました。

ほんの一瞬のせわしない夏がやってくると思うと焦って心が落ち着きなくなります笑

dav

SORRYKOUBOUの畑は今こんな感じです。うっすら畝が見えます。

hdrdav

暖かいハウスの中で待っています。

昼間はぽかぽか陽気の中外仕事、

寒くなってきたら工房で制作をします。

SONY DSC

滅菌したカレンデュラペダル。(はなびら)

SONY DSC

SONY DSC

この後、酸化防止のために窒素を充てんしてお届けしています。

 

 

芽が出た

SONY DSC

SONY DSC

カレンデュラの芽が出たました。すくすく~☺

これまで苗だては温室ハウスでしていたのですが、

嫌光性(光が苦手)だということでなのか去年の発芽率が悪かったので、

今年は光を遮断するために試しに自分の部屋で育てることにしました。

それから大きい種、小さい種、形の良い種、悪い種、重い種、軽い種に分けて蒔いてみました。

どれが一番発芽率が良いのかな。

SONY DSC

SONY DSC

カモミールも種まきしました。種が小さいので老眼になったら厳しそう。。

SONY DSC

SONY DSC

近くの畑では炭まき(雪を早く溶かすために)が始まってました。すごい楽しそう。

SONY DSC

なんかちょっと日差しがやわらかい感じ!

DSC01836.JPG

とはいえ、まだこんな↑↑感じのところもあります。。

種たちの起床時間について

こんにちは。

日に日にあたたかくなる下川町一の橋です。

今朝のアウターはユニクロの数年物のフリースだけで十分に感じたのですが、

温度計を見ると-5℃。ちょっとびっくり。

日差しがあったのもありますが、寒さも慣れるものなのだと思いました。

DSC_0149 5

ハーブのたねまきがはじまりました。

温室ハウスまわりの雪もすっかり溶けて(?)きました。

まずはカレンデュラから。

DSC_0145 5

DSC_0144 5

ひとつひとつ手作業で蒔いていきます。

・・・

カレンデュラなどハーブの種は売られている野菜の種より発芽率が低く、

芽を出すまでも野菜と比較すると時間がかかる種類もあります。

種を蒔いて1か月くらいたっても芽が出ず、

もうだめだな~と思って土をひっくり返してほっておいたら芽を出していたり。

自由気ままです。まるで構うなと言っているようです。

ただ、育てた苗を土に植え替えるシーズンは時期が限られており、

うまく発芽しないことや、生育状況がまちまちなことに悩んでいたのですが、

いろいろな本や栽培されている方々のブログなどを読ませていただくうちに、

こういった状況というのは、あまり品種改良など人の手が加えられておらず、

自然の状態に近いから良いのではないかと思うようになりました。

 

人に管理されてない植物(いわゆる雑草)たちの育つ環境というのは、

その年によって、雨が多かったり、逆に日照りが続いたり、北海道だと春のドカ雪があったり、

シカに食べられたり、他にも寒い、暑いなどさまざまな過酷な状況が待ち受けていると思います。

仮にすべての種が同時期に芽を出してしまったとしたらその年で全滅してしまう可能性もでてくる。

だから多様性をもって対応しているのかなと。。

自然の種は10年くらい休眠するものもあるんだそうです。

 

ハーブを栽培して商品にする上で、

コントロールできなくて大変なところもありますが、(私たちの経験不足多々あるとは思いますが)

ここまで延々と命をつないできたハーブたちはきっと私たちの生活に役に立つものと信じています。

そんな強さがあるからこそ環境の厳しい北海道でも生き生きと育つのでしょうね。。

 

土に触れるのが待ち遠しい~。ちょっと冬の間にだいぶ肉付きが良くなってきてしまったので、

これからしっかり体を使って働こう~。

 

 

 

I♡NY

名寄のAozara料理店さんにお邪魔してきました~

胃腸の弱った私にとてもやさしいマリナーラ、生地がもちもち。

名寄の卵、玉ねぎ、智恵文のヒマワリポークのベーコンに、

仕上げに興部のスモークチーズをかけたナヨロナーラ!

去年名寄に移住されてきたオーナーさんが近隣の食材にこだわって作られたお料理ばかりです。

s_5703596133937

SORRYKOUBOUのカモミールティーも取りあつかっていただいています。

AOZORA料理店さんオリジナルカップでいただけます(^^)♪