来なかった体脂肪計

おはようございます。

実家の母から写真が送られてきました。

福島市にある実家の裏庭です。左側に写っている緑のビニールシートにくるまれたものは家を除染してもらったときの除染土だそうです。ちょっとびっくりしました。

東日本大震災があった当時は仙台市内で働いていました。題名の体脂肪計は冬太りした自分にカツをいれようと、7年前の今日ネットで注文したもの。午前中に買って、午後に地震がきて、頼んだことすら忘れてて、ようやくネット環境が整った頃に、そういえば届かないけどどうなっただろうと確認してみたら「お届けができない地域」という理由でキャンセルになっていました。

自分がたっている足元のもろさというか、ネットで頼んだら次の日に届くとか当たり前だと思っていたことがたった一瞬の出来事で当たり前ではなくなって、その時に持っているものがほとんど生きるために必要ないものばかりだったことにひどく愕然としたことを覚えています。

その時住んでいた家が仙台港から6キロくらいのところだったので、震災からしばらくの間は日中も夜中も救急車のサイレンの音、消防車のサイレンの音が聞こえていました。これまで実感がなかった死がいつでも目の前にあること、これが本当のことなんだなと思いました。

いろんなもどかしさを感じながら毎日目まぐるしく過ぎていく中で、頭で考えてというのではなくて…どうしようもなく湧き出るのは単純に手と足を使って、自分の手から何かを生み出したいという強い欲求と、必要とされるような生き方をしたいなという思いでした。

わたしたちは2人とも根っこの部分でこの同じ想いを共有していて、きっとその想いがなくなることはないのではないかなと思っています。当時の感情は今もそのまま胸の中に生々しくあって、だからこの仕事をとおして自分たちなりに出した答えに近づけるようになっていきたいと思っています。

生きて、元気で、こうやって好きなことが出来ていることに本当に感謝です。

広告

来なかった体脂肪計” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中